色々な方面に馬鹿になってるヲタ日記。
 Copyright © WNQ #13 All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2017/10← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/12
xxINFORMATIONxx
  • RSS
スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * コメント(-) * Page top↑


来てたぁー 
2013/07/13 /22:22
最近、記事書きかけで放置する癖がついてしまって、
話題に出遅れる、、、
話したいようで、まぁいいか的なことばかりな気がして、、、

今更ですが。



買った時気付かなかったのよね。
見てないもんだね、帯って。
もう2ヶ月くらい前の話、、、

その後の続報で、
フランスのアニメ・エキスポだかアメリカのジャパン・エキスポだかで制作発表があるとのことで、
なんで海外??(゚д゚;)とハラハラしたりもしましたが、
そんな海外イベントが終わったのも先週のこと。


【弐瓶勉「シドニアの騎士」アニメPV公開】 - コミックナタリー
http://natalie.mu/comic/news/94344

わはーい!続報来た!
っていうか、PV出来てたッ!!
制作発表だけで、PVなんかもっとずっと先になると思ってたからビックリです!

そして早くも公式サイトも出来てました!

【アニメ公式サイト】
http://www.knightsofsidonia.com/

なんだか色々と早いな。
いつ公開予定のアニメなんだ。意外に早いのかもしれない。


いや~アニメ化ということに少なからずいい思い出がない弐瓶ファンとしては、
期待半分、不安半分で何とも複雑な心境だったのですが。
もうこのPVだけで何か嬉しくなる!!
めっちゃ動いてるよアニメーションしてるよカッコイイー!!
ドキがムネムネする!!割と好きな感じです!!


スタッフさんは誰一人存じ上げなかったのですが、
聞くところによれば、ポリゴン・ピクチュアズさんはトロン:ライジングを手がけた制作会社だとか。
ちゃんと見たことはないんですが、CM1本見ただけでもスゴイなと思ってた。そしてセンスあるな、とも。
しかも、色んな作品で賞を受賞していたり、
聞くところによれば、名だたるアニメや映画の3DCGの外注を請け負ったりもしてる世界規模でハイレベルな制作会社さんらしく、
特に戦闘シーンは印象的なんだそうで、評価高いようですし。
そんな優れた会社の30周年記念作品としてシドニアが選ばれたってのも、、、何ともスゴイ話ですね。

なんか嬉しいな。
弐瓶さんファンとして、シドニアのアニメ化をずっと期待し続けて、
結果こんな形でアニメ化してくれるなんて、、、恵まれてる気がする。
まぁ、まだ喜ぶのは早いかもしれないケド。


公式サイトに英語ページがあるのもそうだし、
海外で発表と聞いた時には、改めて やっぱ弐瓶ファン海外に多いんだろうな と思いました。
日本のファンより多かったりして。
シドニアはアレですが、BLAME!とか改めて読んでみても、日本のマンガっぽくない気がするよね。
日本文化の中で生まれた作品じゃない気がするというか、その実弐瓶さんも海外コミックの影響を受けてるみたいだし。
日本人より海外の人に受け入れられそうな気がする。
私の周りにも受け入れてくれる人が片手に納まる程度しかいない。
女はもちろん、男でもハードSFが好きな人がそもそも少ないんだよね~何故か。

海外展開も織り込み済みなんだろうな、とは思ってましたが、
そうなると映画なんじゃないか?なんて噂も出てましたね。
でも「シリーズ構成」の項目がある。
シリーズ構成って数話にまたがる作品ってことですよね?
映画でシリーズするの?OVA?テレビシリーズ?
テレビシリーズなら、トロンみたく海外にも局があるディズニーXDみたいなチャンネルで放送しそうな予感です。
WOWOWだけはやめて、、、

どの程度の尺になるかによっても、原作のどっからどの辺りまでの話がアニメ化されるのかとかも変わってくるしね。
あぁ~、、、つむぎが出てくるトコまではやってほしいなぁぁ!!
主人公包囲網の一角を担うメインヒロインの一人だものね!!
イザナが女体化するトコまでやってほしいなぁぁ!!
あれで晴れてつむぎと対等にメインヒロインの座を争える存在になったんだと思うし!
でもそんなこと言い出したら、かなた登場こそ落合の悲願であり、野望であり、ストーリーの中核の一つであり、、、
うわぁ、どんなエピソードも欠けてしまってはダメな気がする。
弐瓶さんのストーリー構成能力は相変わらず秀逸だ。

キャラデザは公開されたキービジュアルを見た感じ、長道がかなり忠実な雰囲気でいい感じなので、あんま不安がありません。
キャラデザ担当の森山さんは、あまり癖のない端整な絵を描かれるんだな~という印象です。
長道もなんだか原作より少しキレイな男の子な気がするし若干。崩れた顔を見てないせいかなw
女キャラも弐瓶さん絵を意識しつつも、絶妙な按配でキレイで可愛い子たちになりそうで楽しみ♪

あとはキャストがどうなるかだなぁ。
ハマってれば誰でもいいんだケド、長道が誰になるかホント心配。
星白役の人はエナ星白、紅天蛾、つむぎの声も担当するんでしょうね。
長道役の人もヒロキ演るんだろうし。仄シリーズも全員同じ声だろうし。


まぁ、原作に忠実なものとか高望みはしてないから、それなりのクオリティのものなら何でもいいような気になります。
アニメ化ってのも、海外の実写映画化とかと一緒で、二次創作だと思うことにした方が幸せになれると思うんだ。
原作者以外の手に委ねられた時点で、どうしたって良くも悪くもその人のフィルターを通した模造品になると思うから。
そう考えた方が、別物になっててゲンナリするより、少しでも忠実な要素を見つけた時に嬉しくなるしね。

そのうち分かることだし、あんまりゴネゴネ考えずに続報を待つとしましょう。
このアニメが良い布教材料になればいいな、ホントにw
スポンサーサイト
[ENT]弐瓶勉 * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→














xx HOME xx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。