色々な方面に馬鹿になってるヲタ日記。
 Copyright © WNQ #13 All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2017/10← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/12
xxINFORMATIONxx
  • RSS
スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * コメント(-) * Page top↑


DMMdアニメ12話感想 
2014/09/26 /22:31
ちょっと遅ればせながら、とうとう最終回。
あっという間に終わってしまいましたね。
12話って短い。

今回は12話の感想と言うより、
アニメ全体を改めて振り返った感想です。


結果的になんだかんだ言ってまあまあ良かったんではないかと思います。
見てる時こそ、悪い部分ばかりが悪目立ちしてしまって、すごく悪い印象ばかり残ってしまいましたが、
評価できる点がないわけじゃなかったような気がします。

動くキャラたちが見れたし(想像と違ったこともままあったケド)、
オールメイトは可愛く描いてくれたし。
原作にも忠実なストーリー展開だったし。
終盤は徐々に良いカットも増えたし。


何と言っても、やっぱりあれだけのボリュームのドラマダを全12話で収めようってのが、
そもそも強引すぎたんじゃないかって思います。
2クールじゃ逆に余るかもしれないケド、
1クールで収めるにはあまりにキツキツで、作品が呼吸してないという印象でした。
「原作に忠実」と言えば聞こえはいいケド、余計なことする余裕が全くなかっただけ。
もちろん、シリーズ構成に原作ライターさんが関わったことも大きいと思いますが。

でも逆に言えば、よくあれだけの話を12話でまとめたな、とも思います。
やや強引だったケドね;;
お陰で視聴者の感情とか丸無視で、畳み掛けるように展開してしまったのは残念なところですが、
「忙しい人のためのドラマダ(要はダイジェスト)」としては、
十二分に伝わる良作だったんじゃないかな、と思いました。


ただね、やっぱり作画は本当に残念でしたね。
オールメイトには愛すら感じた勢いなのに、
対してキャラクターがね、、、なんか雑なカットが多かったのがね、、、
後から修正するくらいなら、最初からそのクオリティでやれし、と思うこともあったし。(3話)
イケメンが本気イケメンなカットもありましたが、シーンが切り替わると別のキャラどころか
別のアニメになったのかと錯覚する勢いで、根本的に絵柄が変わってしまった時には、本当にガックリしました。
8話とか見ると涙出てくる。

偏った愛や、スタッフによってやる気に差があるんじゃないかと思ってしまうような出来のアニメでした。
いい画を作ろうと頑張っているスタッフがいても、
一部のスタッフが全くやる気のない仕事をすると、全部台無しになるんだな~っていう典型例です。
まぁ、モチベーションがそのまま画に反映されるとばかりも限らないかもしれませんケドね。
元から絵が下手な人だっているかもしれな、、、でもそれだったらよくこんな仕事就けたなって気も、、、

とにかく、そういった落差がないように総作監って役職があるんだとばっかり思ってたんですが、
その人も大概何をやっていたんだろうな、とも思ってしまったりね。

それはそれとして、何度も言ってることだケド、
根本的に、アニメ全体にせよ細部にせよ、クオリティが時代遅れだったのが一番印象が悪かった点です。
引きの画になった途端線画が荒れるとかね、90年代じゃないんですから。
10年くらい前の攻殻SACやサムチャでさえも、こんな低クオリティじゃなかったと思うわ。
思い出補正もあるかもしれないケド。
それ以前に文化庁メディア芸術祭や東京国際アニメフェアで賞取った作品と比べるなって話かもしれないケド。
(予算だ企画の規模だ会社の規模だ何だと大人の事情もあるんでしょうが、視聴者からすりゃ同じTVアニメでしかないからな)


ドラマダの前に見ていた春アニメの話ですが、
ドラマダに同じく、元々原作が好きだったシドニアがアニメ化されまして。
クリエイターさんに愛されて、そんなスタッフさんたちに恵まれた環境でアニメ化されて、
個人的には原作ファンとしてすごく嬉しくて楽しんで見ていたんですが、、、
その後のドラマダ、、、やっぱ落差が激しくてですね、、、
それが余計にドラマダアニメの株を下げることになってしまったんだと思います。

「たかがアニメに求めすぎ」と言う人もいるケド、好きな作品だもの。そら求めちゃいますよね。
あのシドニアだって、フル3DCGで、でも二次元らしく2Dっぽく表現してて、3DCGだから当然作画崩壊もなく、
映画館で見ても遜色ないくらいのハイクオリティな映像を毎週届けてくださって。
(実際よく上映会やってたケド、見に行った人がことごとく感動してましたね)
それでもファンの中には「やっぱり登場人物は手書きが良かった」という人だっています。
3DCGで名高いポリゴンピクチュアズさんが作ってるのにw
それに比べたら、ドラマダの作画への文句はさして求めすぎてるとも思いませんがね。
でも実際アニメ化なんてこんなものなのかもしれないですね。

何にせよ、キラルさんはシドニアほどにはアニメ化に恵まれていない、と。
とは言えね、咎狗の二の舞にはならなかったと思いますし。

ニコ動で見てたら、「原作買った」というコメもよく見かけたので、
アニメ化して良かったな~と思った私でした。
(別に回し者じゃないです)




そういや、シドニア二期いつからだっけね?楽しみ~♪
スポンサーサイト
[ENT]BL的なもの * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→














xx HOME xx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。